2006年5月1日〜5日 GW静岡旅行
5日間の静岡旅行に行ってきました。
2日目だけ雨が降ったりしたのですが、あとはずっと良い天気に恵まれ、日焼けしてしまいました( ̄□ ̄;)
結構長い&画像がいっぱいで重いので、覚悟して読んで下さいね〜

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 


1日目
初日は超早起き!5時起き!!
朝6時過ぎに家を出て、父親に駅まで車で送ってもらって空港バスに乗車。
空港へ着いてチェックインを済ませ、待合ロビーへ行くと、GWだというのにガラガラ。名古屋便は席も結構空いてました。
空港のチェックインカウンターのところで偶然、近所のおじさんに遭遇!
長崎って結構空港で誰かに会うんですよねー。出張に行く時、帰る時も空港でバッタリだったり、偶然となりの席!だったり。

9時半過ぎに中部国際空港に到着。新幹線を使わずにのんびり移動。
μチケットで指定を取り神宮前まで出て、名鉄と東海道線を乗り継いで金谷まで。
金谷まで来ると懐かしい景色が広がる。2年前にも静岡を旅行した、その時はほとんど車で回ったけども。
横浜から金谷までは東海道線で来た事があったから、名古屋側から金谷まで来て、東海道線制覇だ!!

大井川鉄道 13時前に金谷駅に着き、コインロッカーに荷物を入れて身軽になって準備バンタン!
そうそう、アホな私はコインロッカーにお金300円を入れ、これでOK!と鍵をカチャン。げっ、扉閉めてないじゃん( ̄□ ̄;)
扉を閉めないまま鍵をかけるというボケた事をしてしまい、再度300円を入れて今度はちゃんと扉を閉め鍵をかけた。
JR金谷駅のすぐ隣にある、大井川鉄道で家山までの切符を買って、発車時刻を見るとちょっと待つだけ、ラッキー♪
本当は千頭まで行って、その先のアプト式鉄道の井川線にも乗りたかったのだけど、時間的に厳しかったのでやめました。
その井川線は車窓からの風景が美しいんです、大井川の流れあり、茶畑があり、吊り橋あり、ダムがあり。
まぁ、今回はそこまで行くのはあきらめて家山付近をのんびりお散歩。

家山付近 大井川鉄道の線路
この日はとにかく暑かったんですよ〜、薄い長袖のカットソーを着ていたのだけど、汗だく(;´▽`A``
川では子供達が洋服を着たまま、水遊び(っていうかジャバジャバ泳いで)してました。
右側の写真、2年前はこの辺りで偶然SLが通って写真を撮ったのだけど、今年は時間があわなかったようでSLは通過しませんでした。
桜並木 おにぎり屋さん ふじ
見えてきた〜、目的地はここ。春はきっと桜並木が美しいんだろうなぁ。
ここの道の脇に、おにぎり屋さんがあります。今日もこのおにぎりを食べようとお昼ご飯をガマンしてここまで歩いてきました。
おにぎりを二つ買って、綺麗に咲いた藤棚の下でランチ♪
大井川 桜並木 ふじ
川に下りていける道があったから、川へ降りてみました。なかなか美しい風景でしたよ。
しばらくのんびりして、家山駅側へ歩いて向かいつつ、途中で回り道。2つ上の段の左側の写真の川沿いにずっと歩いて行ってみました。
そしたら、なんと、さっきの桜並木に負けない位のすごーく長くて綺麗な桜並木を発見!!春にも来てみたいなぁ。
池があると看板に書いてあるので、そちらの方へ。池は・・・あんまり綺麗じゃなかった(;^_^A だけど池の近くに綺麗な藤が咲いていましたよ。

大井川鉄道 地図は持ってないし、初めて来た場所。ずっと本通りから外れて歩いて来たので、さっぱり道がわからない〜
半分迷子状態で彷徨い歩いていると、ガイドブックにも載っていたたい焼き屋さんを発見!だけど今回は立ち寄らず。
ようやく駅に辿り着いたら、ちょうど電車が入って来ているところ。急いで切符を買い(自販機がなくて、駅員さんが売ってくれる)ダッシュで乗り込む。
大井川鉄道は自動改札じゃなくて、駅員さんがパチンと切符を切ってくれる。私はあまりそういう経験はないんだけど、何だか懐かしさを感じるなぁ。
駅も無人の駅が多くて、運転手さんがいる前側のドアから降車したり。運転手さんは大変だなぁ。

金谷の駅へ戻ったのは16時過ぎ。コインロッカーの荷物を取り出し、今夜泊まる島田へ、たった一駅。
まずはホテルへチェックインし、荷物を置いてホッを一息。日が暮れるまでにはまだちょっと時間があるからまた外へ出る。
蓬莱橋 蓬莱橋 蓬莱橋
ホテルを出てテクテクと約30分歩いて、ようやく目的の蓬莱橋へ到着。なんだか天気も悪くなってきて既に薄暗い・・・
だけど橋はすごい!全長897.4mの木造の橋。ちゃんとギネスブックにも認定されているんですよ〜
渡ってみたかったけど、日が暮れる前に本通りまで歩いて出なければ・・・と思って、何枚か写真を撮って急いで引き返す。
帰りはモクモクと30分、ただひたすら歩いた。往復1時間、結構駅からは遠いです。
島田の駅の近くはあんまり食べ物屋さんもなくて、コンビニで食べるものを買ってホテルへ戻って、長い長い一日目が終了。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 


2日目
もう疲れていませんか?まだ2日目です(^▽^)/
2日目は牧の原を一日巡ろうと、朝8時に島田のホテルを出発し、東海道線で金谷の駅へ。
2年前に見た一面の茶畑が忘れられなくて、もう一度あの茶畑を見に行こう!と張り切っていたのだけど・・・
金谷の駅から牧の原台地の方を見上げると霧( ̄□ ̄;)
何だか雨が降り出しそうだったから駅でビニール傘を買い、予定ではバスで目的の場所付近まで行こうと思っていたのだけど、この霧じゃ・・と思ってとりあえず歩きだす。
石畳 石畳 石畳
駅から歩いて5分程度で旧東海道石畳の入り口にたどり着く。登り始めてすぐ右手に石畳茶屋があるのだけど、まだ9時前、開店前なのでそのまま通過。
左手には茶畑が広がるとても美しい景色・・・天気が(-_-;) 茶畑の脇にはシャガがたくさん群生して綺麗でしたよ。
この石畳、とにかく長いんです、数百mずっと上り坂。おまけに石畳なのでゴロゴロしてて歩きづらいんだよねぇ。
石畳 茶畑
ようやく石畳が終わり、牧の原の一面の茶畑!・・・は、霧で何も見えません、私は牧の原には嫌われちゃっているみたいΣ(T▽T;)
お茶の郷まで歩いて行こうかとしばらくテクテク歩いたのだけど、濃霧で先が何も見えない。
このままではこの車も人もほとんど通らない茶畑の中で迷子になってしまう・・って判断をして、もとの石畳まで戻って来た道を降りる。
石畳を降りている途中で地元のおじさんと出会った。しばらく立ち話をしたのだけど、おじさんが紙に住所書いたら新茶を送ってあげるというので
住所と名前を紙に書いて手渡した。おじさんも住所・名前・電話番号を書いた紙を私に手渡してくれた。
「ら〜」「ら〜」言っていたから地元のおじさんであることに間違いはないだろうって思ったし、すごく感じのいい優しいおじさんだったから。

一日牧の原を散歩する予定だったから、これから何をしよう・・・と考えて、とりあえず1駅隣の掛川に出てみた。
掛川駅 掛川城
掛川駅はこんな感じでとっても風情がある駅です。せっかくなので掛川城に行ってみよう!って思い、駅からまっすぐとテクテク歩き、掛川城に到着
「功名が辻」を見ていれば良かったと思いましたよ、千代と一豊・掛川館ってところに入った時には。

階段 ドラマの世界をじっくりを見学した後は、掛川城の中へ!
この天守閣、とにかく階段が急なんです。
これはお年を召した方は相当ツライですよ。
手すりにつかまって恐る恐る上り下りしました。
写真だとちょっとわかりづらいですねぇ

フレーム状態 二の丸美術館 掛川城
お城の城壁にこんな風に四角や三角の枠が空いているんですよ、ここから見える景色がすごく綺麗だったんです。
掛川城御殿、二の丸美術館も全て見て来ました。

川越遺跡 朝早くから行動しているので、掛川城を見終わってもまだお昼過ぎ。
今日は牧の原以外に何にも考えていなかったから行く場所が思いつかずに、とりあえず島田に戻る。
一度ホテルに戻ってガイドブックを見て、島田の近くにある「島田宿大井川川越遺跡」に行ってみることにした。
これがまた歩くと結構遠くて、蓬莱橋よりも多分距離があるようで30分以上は歩いてようやく辿り着いた。
川越し制度によってできた当時の建物が残っていて、川会所、番宿、札場などの街並みが復元?されています。
とっても良い雰囲気なんですよ。
建物の一部は中も見学できるようになっていて、懐かしい昔の家の風情を味わえます。
しばらく見学してから、島田市博物館の脇を通って道路の方へ出てみると。

すごく綺麗に整備された公園があったんです。そういえば、島田〜金谷へ向かう電車の中から見た風景。
この公園、すごく気に入っちゃいました、しばらくボーっとしてました。近所にあったらしょっちゅう散歩に行くのになぁ。
大井川 大井川
結構広くて大きな公園なんですよ、川沿いにずーっと公園を歩いてみました、すごく気持ちよかったです!
蓬莱橋まで行ってしまおうか!と思ったのだけど、今日は相当歩いているのでさすがにヘロヘロ。
蓬莱橋は諦めて、まだ日暮れまで時間があったけどホテルへと戻りました。
せっかくの牧の原、濃霧で一面の茶畑を見ることができなくて残念でした。
石畳の途中で出会ったおじさんが言うには、こんな濃霧は珍しい・・と。牧の原q(T▽Tq)

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 


3日目
3日目の朝は最高に良い天気O(≧▽≦)O
今日の目的地は日本平。今日も8時前にホテルを出て、静岡駅へ。
駅についてバスの時間を見ると、日本平行きはまだ1時間近く待つ。久能山下行きのバスは10分待ち位。
迷わず久能山下行きのバスに乗る。バスに揺られて約40分で終点に到着。
特に案内がなかったから、バスの運転手さんに久能山東照宮への道を聞いてみると、この辺の地理には詳しくないとヾ(ーー )
私ともう一人いた乗客のおばさんが、近くの方だったみたいで親切に行き道を教えて下さった。
階段 階段 階段
上り口へ着いて見上げると( ̄□ ̄;)
あんな上に建物がある・・・あそこまで登っていくのか。ここで初めて日本平行きのバスを選ばなかったことを後悔した、が、遅い、
ただひたすら階段を登る・登る・登る・・・( ̄Д ̄;; 千段以上もある階段、だけど登って行くにつれ、美しい風景が広がってくる。気持ちいい〜\(*T▽T*)/
最上段からの景色 久能山 金の成る木
最上段まで来ると、天気がいいからすごく綺麗な眺め。登りきって、「やっぱり日本平行きのバスに乗らずにこの階段を登って良かった〜」と感動♪
せっかくなので東照宮だけじゃなく博物館の入場券も買って中へ。まずは一番上まで上がってみるとそこには「金の成る木」。木にいっぱいお金が(;^_^A
東照宮 東照宮
東照宮はゴージャスですねぇ。だけど日光東照宮の方がもっとゴージャスだったような気がします。
博物館では徳川家の日常手沢品がたくさん展示されていました。どれもこれもとっても凝った装飾が施されていて素晴らしい。
両親と自分用のお守りを買い、東照宮を後にしました。

ロープウェイ 続いて、日本平ロープウェイに乗車し、日本平へ。
ロープウェイのガイドさんと少し話をしたのだけど、長崎から来ているという話をしたらかなり驚いて、
普段は子供にしかあげないのだけどと、飴玉が詰まった袋をプレゼントしてくれた。
ロープウェイからは綺麗な眺望!天気が良くて御前崎まで見えていました。
ガイドさんが言うには珍しいらしい。

お昼近くだったので、まず最初に「まぐろ丼&茶そば」ランチをとり、それから展望台へ。
日本平 日本平 日本平
雪の冠を被った富士山が!!いや〜さすが日本一の山┌|゜ο゜|┘
ちょっと雲がかかっていたけど最高の景色。日本平って広いんですね〜、ピクニックしている人もたくさんいましたよ。
少し遠いのだけど日本平ホテルの方まで歩いて降りてみました。いや〜、素晴らしい!!日本平のお庭は広くて美しくて最高の眺め!!
一面芝生のお庭でぼーっと過ごしたら最高だろうなぁ。私はしばらくぼーっとした後、ホテルの横の道を進んで行って見た、何かあるだろうか・・・
日本平 日本平 日本平
目の前に広がった風景は、一面の茶畑!!私が夢に描いた茶畑&富士山の風景が\(*^▽^*)/
ロープウェイのところからここまではかなり通りけども、絶対ここまで来るべき!!こんなに最高の風景が見れるなんて♪
茶畑の中の道に座り込み、しばらくただボーっと素晴らしい景色を眺めながら物思いにふけった。
日本平 日本平
ここはまたもう一度訪れたいなぁ。
道のあちこちに「東海自然歩道」の案内板があって、草薙駅から約5キロ程度の距離らしい。
茶畑の中の道を富士山を眺めながら歩いて降りてみたいなぁという衝動にかられつつ、今回はやめておこうと気持ちを抑えバス停へ。
みんな車で来ているんだと思ったら、意外とバスはいっぱい。座れたから良かったけど。
途中、日本平の動物園付近ではかなりの渋滞。さすがGWだなぁって初めて実感。

静岡駅について、今日・明日泊まるホテルへ。明日の分のホテルの予約が取れていない( ̄□ ̄;)ギョッ
なーんてハプニングもありつつ、何とか翌日もそのまま同じホテルに泊まることができるようになり一安心。
今日も日が暮れるまではまだ時間があったけど、歩き疲れてヘトヘトだったからこれで3日目終了。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 


4日目
そろそろ読み飽きてきました?あと2日です。
今日もとっても良い天気だけど、結構雲が多いなぁっていう空。
今日の目的地は由比。
朝7時半位にホテルを出て、東海道線で興津駅へ。
まずは「さった峠」へ向かう。だけど興津駅からさった峠までの案内が無さ過ぎ!!
家からプリントして持ってきたさった峠マップが大活躍。
  
駅から3km位歩いてようやくさった峠の上り口に到着。田舎の昔のお家が立ち並ぶ道を進み、上り口には色とりどりの棒。
これ、自由に使っていいってことなのかなぁ、そんなに厳しい峠なのだろうか・・・
私はカメラを片手に持っているため、棒はお借りせずにそのまま進む。
  
登り始めてすぐの道。ん〜、先は厳しそうだ〜。だけどちょっと登ると海が見えてきて綺麗な風景が広がりました。

小さく小さくして、私の写真。
これじゃ、絶対に誰だかわかりませんね(^^;)
ここはまだ、さった峠の展望台ではありません。
ほんとはここで最初に富士山の姿を拝めるはずが・・・
肉眼で見ると、薄っすらと富士山の姿を見ることができたんですけど、写真だと全く雲との区別がつきませんね。

 
左右に夏みかんやビワの畑が広がる中を歩きつつ、展望台を目指す。
道端にはたくさん、タンポポやシャガの花が咲いていましたよ。
 
ようやく展望台に到着\(*T▽T*)/
だけど雲がかかって富士山は部分的に薄っすらと見えるのみ、残念。
やっぱりこの時期だと綺麗に見えることは珍しいのかなぁ、昨日だったら見えたかもな〜
 
果物畑が広がるのどかな道を進みつつ、由比の駅を目指す。あと数キロで由比の駅だ〜

「いたわりゾーン」だって。
こんな標識初めて見たかも〜
全然関係ないんだけど、静岡の町の横断歩道で鳴る音楽は「頭を雲の上に出し♪」って富士山の歌。
地域によっていろいろあるんだろうなぁ。
それから静岡の道路を見て思ったこと、まっすぐ。長崎では有り得ない、まーっすぐな道。

下りて来てもやっぱり富士山は雲の中・・・。東名高速の渋滞を横目に見つつ先へと進む。
ようやく由比の駅にたどり着き、そこからそのまま由比本陣公園を目指す。
これがまた結構遠いんだよなぁ、約10kmの峠を越えて来た足が少し辛くなってきた・・・
由比は桜えびが有名、お昼ご飯に桜海老を食べようと思ったのだけど、どのお店もすごい行列。
桜海老はお土産に買ってご飯は諦める。
 
広重美術館に入り、東海道五十三次の画を眺める。
今の写真も飾ってあって、画の当時の風景とは全く違ってしまった様子がなんとなくもの悲しい。

この後、由比の駅まで歩き、その途中、銀行に寄ってお金をおろそうとしたけれど、他行の支払いはできないと( ̄□ ̄;)
現金で5万円程度持ってきてホテル代等はカードで支払いしているものの、交通費・入場代・食事代・お土産代等で
お財布の中には1万円札があと1枚と数千円。ちょっと節約しなきゃ、現金が足りなくなってしまう〜
東海道線で静岡駅に戻り、それから駿府公園周辺を散歩して4日目終了。
毎日毎日、10〜20km程度歩いて、さすがにヘロヘロになってきました。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 


5日目
さぁ、いよいよ最終日。ついに大好きな静岡も今日でお別れ。
どうしようか悩んだ結果、今日は2日目に見れなかった牧の原の茶畑を見て帰ろう!
最終日も朝7時半頃にホテルを出て、東海道線で金谷へ移動。
初日と同じように金谷駅のコインロッカーに荷物を入れていざ出発。
今日はバスに乗るぞと思っていたものの、バスまで約40分。待てない私は今日も坂を歩みだす。
  
広がる茶畑、最高の景色。なぜだか私はこの牧の原の茶畑の風景がすごく大好き。
お茶の郷にたどり着いたけど、まだ9時。開店は9時半なので、そのまま通過してバス通りをただただ歩く。
写真は撮らなかったけど、途中、六本松というバス停を発見。うちの近くも六本松なのだ(*^^*)
途中、静岡空港への道路建設の看板を発見。こんな美しい茶畑の先に空港ができるのかぁ、なんだか悲しい。ちょっと進むと、何だかレトロな髪切屋さんを発見。
 
次に発見したのは、大井海軍航空隊の跡。こんなところに航空隊があったのかぁ。
ずっとずっとずっと歩いて、矢崎工場というバス停までたどり着く。このずっと先に私が目指す茶畑が( ̄▽☆
だけどねぇ、交差点はずーっと先、そこを曲がるんだよなぁ・・・、帰りはお茶の郷までバスに乗る予定。
そのバスまではあと30分、あそこまで行って、県立茶業試験場のバス停まで戻って来れるか・・・、どう考えてもムリ。
次のバスは2時間後。お土産代を考えると、タクシー代は使いたくないんだよなぁ・・・。悩んだ末、あきらめることに。
県立茶業試験場のバス停まで戻り、バスを待つ。小さなバスが来ると思いきや、立派なバスがやってきた。しかも結構人が乗ってる。
ちょっとした驚き。バスの本数が少ないからかなぁ、バス代が高く感じたんだけど。長崎だと160円で結構行けるんだけど。

お茶の郷の近くのバス停で下車。それまでバスに乗ってくる人はいたけど降りる人はいなかった、みんな駅まで行くんだろうな。
お茶の郷の駐車場は車がいっぱい。お茶の郷の中にも人がいっぱい。
お茶の郷でお土産用に牧の原のお茶を買った。八十八夜の新茶は高いから買わず・・・。
そういえば2年前、静岡の友達がこの高い新茶を送ってくれたなぁ(∇ ̄〃)。o〇○
お昼ごはんを食べようとレストランに行くと、まだ準備中の札が。待つのもなぁって思って、ご飯はあきらめて駅へと戻ることにした。

  
私はこの牧の原公園の下の道路から見た風景が大好き。広がる茶畑と街の風景。
2年前に車で通ったときに、友達が、ここからの夜景は最高なんだって話してくれた場所はここだったのかなぁ。
お茶農家の方は今が一番忙しいときなんだろうなぁ、ご家族みんなでお茶の葉を刈っていました。
かなり歩いて疲れていたのだけど、バスまで時間があったし、何となく茶畑を見ながら歩きたい気分だったので歩いて金谷駅へ。

金谷駅が見えてきた、静岡の旅もこれで終わりだなぁって思うと悲しくなってきた。
もうしばらく静岡でのんびり過ごしていたいなぁ・・・そんな気分。
 
行きと同じように新幹線を使わずのんびり空港へ向かう。途中、浜松駅で降り、うなぎを食べた。
アクトシティの45階に展望回廊があって、浜松の街を眺められるというから行ってみようかと途中まで向かったのだけど、やっぱり今回は行くのをやめて引き返す。
東海道線はすごく混雑していて、浜松〜金山までは座れなかった。なので、空港までは行きと同じくμチケットで指定を取ってのんびり座って帰った。
金谷を早くでたから、空港に2時間も早くついてしまい、暇だったから展望フロアに出て飛行機の写真撮ったりしてみた。
そして、ロビーで搭乗を待っていると美しい夕陽が。旅の最後を美しく飾ってくれました。

長い長い旅行日記、最後まで読んで下さってありがとうございました<(_ _)>
私も5日分の日記を書くのに4時間位かかっちゃいました。
だけどこうやって日記に残しておくのは良いことですよね、時間と共に記憶は薄れていってしまうから。
またいつか、大好きな静岡を訪れたいと思います。

inserted by FC2 system